FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

妻がパート先の男に

私は失業中です。なかなか次の仕事が見つからず、妻の口ききで妻のパート先で時々アルバイトをしています。
同じ会社といっても、現場での仕事なので事務仕事の妻とは時々顔をあわせるくらいです。
現場には私の他に、20代前後のバイトが3人います。
先日、一緒に昼食をとっていると、事務所の女性社員たちのことが話題になり、
「俺、前のバイト先で事務の女とやったことがあるけど、この会社にはそそられるのがいねぇなあ」
するともうひとりが「ひとりいるぜ、熟女が」「熟女? パートの奥さんか?」
私は、ドキリとしました。この会社にパートは私の妻しかいないのです。私が夫だということをまだ知らないのでしょう、妻のことに話題が移り、
「確かにいいケツしてやがる。子供産んでいるのかなあ?年は30くらいかなあ?」  (妻は41歳で、2人子供がいます)
「歩く時の尻の振り方がたまらん、乳もでかいし、おとなしそうに見えるけど、結構スケベだぜ、あの女」
などと妻が聞いたら真っ赤になるようなことを私の前で話しているのです。
そのうち私にも「おじさんはどう思う?」
私はただ笑って黙っているしかありませんでした。
こんな事を思ってはいけないのですが、私の心の中では、妻が若い男たちに口で陵辱されることに妙な興奮を覚えます。

旦那の同僚

妻の会社の同僚(友達)の旦那が久しぶりに東京から帰ってくるということで、我が家に招待して飲むことになりました。
その夫婦とは時々我が家で飲み会を開いたり、五月の連休にも一緒にキャンプをしたりと、或いは金曜日の会社帰りに私達夫婦とその奥さんとでしばしば飲み屋に一緒に行く間柄でした。
その日は午前11時頃から飲み始め、午後9時頃には全員が酩酊状態でした。
妻の友達の旦那がうとうと眠り始めたので私がベッドで寝かしてあげなさいと妻に云いました。
妻もかなり酔っぱらっていて、よたよたしながら友達の旦那を私達夫婦の寝室に連れていきました。
私は妻の友達の奥さんと飲みながら話していました。そのころはお互いに(4人とも)そうとう酔っぱらっていて夫婦のセックスの様子も平気で話しあっていました。
ふと気が付くと、妻が友達の旦那を寝かしつけに行ったきり帰ってこないことに気が付きました。
私が寝室に様子を見にいきました。妻は友達の旦那の横で眠っていました。
私はそのまま妻を起こさず妻の友達と再び飲み始めました。
さらに一時間くらい経ったころ、私は尿意を催しトイレに行きその帰りに寝室を覗いてみました。
相変わらず妻と友達の旦那は寝たままでしたが、私は一瞬ドッキとする光景をみました。
なんと妻は下半身を剥きだしで寝ていたのです。私のチンポは瞬時に勃起しました。
私は妻の足元に静かに行き、妻のオマンコを確認しました。妻の寝ている尻の下のシーツは20センチ位の濡れた跡を残し、妻の性器からは隣で寝ている友達の旦那のものであろう精液がだらだら膣口から溢れていていました。
私は黙ってその場を離れ、友達の奥さんの元にいきました。
私は自分の席に座らず、奥さんの背後からいきなり抱きつき奥さんの乳房をまさぐりました。
意外にも奥さんは何の抵抗もしないで、妻よりはるかに大きい乳房を触られるがままにしていました。
私はそれをいいことに大胆になり、奥さんのパンティーの中に手を入れました。
奥さんのそこはすでにパンティーに染みが出きるくらいヌルヌルの汁を溢れさせていました。
私はパンティを脱がさせ奥さんのオマンコを観察しました。
奥さんのオマンコは、クリトリスから肛門にかけ陰毛を剃り落としてありました。
私は剃ってるの?と奥さんに聞いてみました。奥さんは小さくウンと頷きました。
奥さんのオマンコは小陰唇が全くなく(1ミリ程度)、私は初めて観る、妻とは全く違う(妻はグロテスクなくらい小陰唇が大きい)オマンコに見入っていました。
やがて奥さんが私の上に跨り、私のチンポを自ら掴み挿入しました。私は酔っぱらっているにもかかわらず数分で奥さんの膣の中に射精していまいまいした。
そのことがきっかけで、その奥さんは旦那が帰らない週末には私夫婦のベッドで寝ることになり、妻とのセックスの後には妻がその友達にもしてあげてと云うようになりました。

俺の友人とのセックスを望んだ妻

私の妻38歳はとても社交的で、家に友人が遊びに来たときなど、ついつい愛想を振りまきすぎて、よく誤解が生じるのです。

先日も、私の友人が三人ワインを持って遊びにきて、みんなほろ酔い気分になっていました。
妻は例によってみんなに飲み屋のオネエちゃんのように振舞って、
笑顔で接していました。

その程度なら良いのですが、酔った妻は友人の間に座り胸を友人の腕にすり寄せたり、友人の手を自分の太ももに持っていったりとキャバクラ状態です。
友人たちも妻のそんな癖を知ってからは、だんだんと行動が大胆になり、私の目を盗んでは、妻と舌を絡ませながらキスをしたり、服の下に手を入れ乳を揉んだりと好き放題。

私が黙っていることをいいことに、友人のひとりが「もう、我慢できないよ。やらせてくれよ」などと言い出す始末。

しかし、妻はまんざらでもない様子で楽しそうにはしゃいでいるのです。
女っていうものは、いくつになっても男にチヤホヤされると嬉しいもので、妻の行動もだんだんとエスカレートして友人の股間を触りはじめました。

酔っ払った友人たちは、「なあ、いいだろう一度だけ・・・ちゃんと
ゴム付けるからさあ」 と大胆に私に妻を抱かせろと言ってきたのです。

以前から妻が他人に抱かれる姿を妄想しながらオナニーを繰り返していた私に突然訪れた決断のとき。
妻を他人に抱かせたい。
しかし、相手は親しい友人だし、やってしまってから後悔しても遅いし・・・・・
そんな私とは対照的に妻は、もうその気になっていました。

ねえ、あなた。前から言ってたじゃない、いいでしょ?
と、完全に友人とのSEXを望んでいました。
「いまなら、わたし最高に乱れたSEXができそうなの。こんな気持ち初めて。ねえ、あなたお願い」

そこまで妻が望んでいるならと、私は優しくしてもらえと言って家の外へ出ました。

二時間ほどして家に帰ると、友人たちの姿はなく妻が一人照れくさそうに私の帰りを待っていました。
どうだった?
私の問いかけに妻は、「うん・・・すごく感じちゃった。他の人に見られながらするの初めてだったし、あなたのお友達ってことも頭の中にあったから・・・」

結局、妻は友人二人とSEXをしたと言っていました。
特に変わったSEXではなく、ごく普通のSEXだったそうです。

妻が言うには、「おちんちんって、人によって色や形がちがうんだね
口に含みながら思ったんだ・・・」
ということは、妻は彼らにフェラもしたことになります。
我が家にはスキンは無いので生でやったことになりますが、妻は中出しされたのだろうか?
とても、気になりますが妻には聞かず妄想しながら興奮しています。
翌日から、妻の携帯に私の友人からのお誘いメールがやたらと入るようになってしまいました。
きっと妻は私に内緒で彼らとSEXするようになってしまったのでしょう。
そんな妻が、ますます色っぽく見えてきました。

自分の不倫の仕返しに妻が

それは罠だったのかもしれません。
いきつけのスナックのママから誘われて、ついホテルへ
たちの悪い男がついているという噂はあったのですが、
その男が以前から私の妻を口説いている喫茶店のマスターとは
知りませんでした。

夜遅く、スナックのママに呼び出されて
「あんたとの事が男にばれて大変なことになっている...」
そういう話を二時間ばかり聞かされていました。
私は最終的に何が言いたいのかわからず帰ろうとしましたが
話をズルズルと引き伸ばし結局夜11時くらいまでその店に
いました。
振り切って家に帰ると、誰かが訪ねてきていました。
狭いアパート暮らしだったので、ドアを開けた瞬間
中で何が起こっているのかすぐにわかりました。

急いで部屋に上がると、そこには二つの裸色が
いやらしい痴態をさらしていました。
全裸になった妻(42歳)の股の間には喫茶店のマスターの
裸の尻が入り込み、そのごつごつした腰を振りながら
妻の大き目の乳房にしゃぶりついていました。

「何やってんだ!」

と叫びましたが男は

「あんたが俺の女に手を出したんだからな」

そう言いながら更に腰を振りつづけました。
妻はすでにメロメロになっている様子で、
喘ぎ声の混じった声で

「はっはっ、後で・・・後で話しましょああっあっ
ダメ・・・ゴメン・・・あっちにいって・・・見ないでああっ」

男は私にシッシッと手払いをしました。

「奥さん・・・思ったとおりだ、いいよすごくいいよ
前から奥さんとこうなりたかったよ・・・肌が吸い付くよ」

そう言いながら腰をゆっくりと奥へ進めながら
妻の腰をぐいっと自分にひきつけました。

「はぁぁぁぁっ、くるくるっ奥に・・・ああああっ」

「奥さんのあえぎ声は可愛いな、チンポにゾクゾクくるよ
中に出すよもういきそうだ」

「ダメッ中はやめて危ない・・・ああ中は嫌よ」

「あんたの旦那も俺の女の中に出したんだよ、俺だって」

「出すよ出すよ・・・・ほらっほらっうっうっ・・・おおっ
締まる・・・あああチンポが痒くなるぅぅ・・・でるでる」

男の腰がすごいスピードでピストンをはじめました。
妻は男の肩にしがみつき、両足を男の太股にからみつけて
ぎゅーっと身体を硬直させました。
妻が精液を受け入れるときのお決まりのポーズです。

「あっあっ出てる出てる・・・ダメって言ったのに
はぁーんもう少しいきそう・・・もう少し突いてあああっいくいくいくぅぅーーっ!」

しばらく沈黙が続いた後、男は妻の太股の間から腰を抜きました。
まだ萎えきっていないチンポがヌルンと妻の中から出てきました。白い精液と透明な愛液でヌルヌルに光ったチンポを
私に見せながら

「いい奥さんだな、中が熱いからチンポが痒くて真っ赤に
なっちゃったよ、こんな具合のいい女はそういないよ。
俺の女と交換してもいいよハハハ・・・おあいこだからな」

「奥さん、またしようよ、今度はホテルでじっくり
気持ちよくしてやるよ」

そう言いながら服を着て出て行きました。
ぐったりした妻はティッシュで股間から出てくる
男の精液をぬぐいながら、

「別れるならそれでもいいわよ」

そう言いながらショーツをはきました。
そばにあるティーシャツを着て布団のうえにあぐらを
かいて座りました。

シーツの上には妻が出したと思われる愛液のシミと
男が垂らした精液のシミが残っていました。
妻の愛液の匂いと男の精液の匂いが部屋に立ち込め
私は何を言ってよいやら迷いながら
自分の意志とは裏腹に出てきた言葉は

「そんなに気持ち良かったのか?」

そう聞きました。
妻はあっけに取られてしばらく黙っていましたが

「気持ちよかったかどうかは見てたからわかるでしょ」

そう答えました。

「なんで布団が敷いてあるんだ?」

と聞くと

「そりゃエッチするからよ、おかしい?」

「お前、納得の上であいつに抱かれたのか?」

「そうよ、あんただってあそこのママを抱いたんでしょ?」

「そうだけど・・・」

「俺の女を寝取られたから抱かせてくれって言われたときは
断ったわよ、でも前から奥さんを好きだったって言われたら
わたしだってホロリとくるわよ、ここ20年くらい
そんなこと言われたことないんだから。
でも、普段もあの人面白くて優しいのよ。
あれだけずっと口説かれて、こんなことでもあったら
抱かれてもいいかなって思うわよ。いいのよこのまま
別れても」

「そんなこと言ってないよ。でも、俺の前であんなに
悶えることないだろ、それも家で抱かれるなんて・・・
中に出されるのが嫌だったら暴れて離れたらいいだろ
それを気持ち良さそうに・・・」

「あなたねぇー最後に私を抱いたのいつよ!2年前よ
私の味なんて忘れたでしょ。
どうだった?私を抱きながらイイ、イイっていってくれる
男の姿を見て?嫉妬した?」

「ああ、したさ」

「だったら抱いてよ」

私は服を脱ぎ捨てて、妻に覆い被さりました。
妻の身体は男の唾液の匂いがプンプンしていました。
ショーツを脱がせたとたん男の精液の匂いがぷぅーんと
漂ってきました。
たった今他の男が妻の中に精液を放っていったと思うと
興奮が頂点に達してきました。

「俺のチンポとは違う感じだったのか?」

股間をまさぐりながら聞くと息を荒くしながら

「あの人長いから一番奥にズンズン突いてくるのよ
それが変な気分で・・・ああっ」

「また誘われたら抱かれるんだろ?」

「そうね・・・どうしよう・・・嫌?」

「ああ、嫌だけど他の男にいかされるお前を見たら
興奮して毎日抱きたくなりそうだよ」

「だったらたまには抱かれてみようかな」

妻の中は男の精液でヌルヌルでした。
私のチンポをすぐに奥まで飲み込んでいきました。
ピストンを繰り返す度に奥に溜まっていた
男の精液が外に押し出され、私の恥毛は男の精液で
真っ白になりました。

「あいつ何歳だ?」

「51よ」

「けっこう沢山出したな」

「うん、奥まで出てるのがわかったから」

「何時くらいに来たんだ?」

「7時ごろ」

「すぐに始めたのか?」

「そうね、7時半くらいかな」

「そんなにすぐに口説き落とされたのか?」

「だって、私も娘じゃないんだから、口説かれたら
白か黒でしょ。あなたもママの所に行ってるって
聞いたからだったら早く済ませたほうがいいかなと思って」

「もし、俺が帰らなかったらあいつとやったこと
内緒にするつもりだったのか?」

「あたりまえでしょ、あなた私にママと寝たこと言いたかった?」

「ああ、この中に俺以外のチンポが入ったと思うと変な気分だよ」

「あなたが毎日抱いてくれるんだったら、毎日他の人に
抱かれてみようかな」

その日は新婚気分で朝方まで気持ちよくなりました。

妻は浮気してる?

妻は30才、エロ尻エロ顔で服装もエロです。バイトで以前にお水してましたが、今度雇われママで復帰してからヤバイです。40代のオッサン達に好かれやすく、キツイ顔の割には押しに弱いので、多分2人のオッサンには喰われてると思います。
一人は中古車屋のオッサンで、僕が飲みに行って、一般客を装っていてたらもう自分の女扱いで、チークダンスでは尻をしっかり揉んでました。妻の顔も恍惚感でエロエロです。先に帰って妻を待ちましたが、閉店一時間後に電話が有りました。
アフターで遅くなるからと言いながら静かで、声が浮ずり溜息混じりで、ヤッテルと確信しました。先に寝てたら、フェラで起こされ、跨がって腰振ってました。こんな妻が嫌なんですが、今すぐ離婚には至りません。チンポ中毒は治りませんよね?
出会い 出会い系サイトの口コミ 出会い系サイトの簡単攻略 出会い系サイトのランキング 出会い系サイトのお役立ち情報 写メ画像の掲示板 メル友の出会い セフレの出会い 逆援助の出会い 中高年の出会い ロリ巨乳の出会い 人妻の出会い 熟女の出会い 出会い系サイトのクチコミと評判 悪質出会い系のクチコミ 出会い系サイトのサクラ SENTARの攻略 女性の出会い系口コミや評価 出会える出会い系サイトのランキング 恋のお便り攻略情報 YOUTUBEのエロ動画まとめ 出会い系サイトのランキング TUBE8のエロ動画まとめ セフレ掲示板でセフレと出会い 裏アゲサゲのエロ動画まとめ 芸能人・女優の濡れ場ヌード動画 放課後の少女 萌えた体験談のコピペ

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。